海洋葬という新たな葬儀スタイル

海洋葬とは、遺骨を海へと散骨する葬儀スタイルです。


これまでは、遺骨は先祖代々の墓地に埋葬されるものというのが、長年の慣習であり、日本人の意識でした。

しかし、近年は、日本人の生活スタイルも随分変化しました。


出生率の低下により跡継ぎがいない家庭が増加し、自分達の代で墓じまいを考える人も増えました。

また、死後は自然に帰りたいという意識を持つ人が増加したというのもあります。

そんな中、新たな葬儀スタイルとして注目されてきたのが海洋葬です。


最近は、散骨を専門に行っている会社がいくつもあり、葬儀の一つのスタイルとして定着しつつあります。

海洋葬にはいくつかの方法があります。


まず、個別散骨です。

これは、個別で船をチャーターし、1組だけで散骨と葬儀などがとりおこなわれる、プライベートなスタイルです。



船には、船長と添乗員が同行するのが一般的です。
もうひとつは、合同散骨です。
これは、他のご家族と合同で船をチャーターし、合同で散骨と葬儀がとりおこなわれるというものです。

これも船長と添乗員が同行するのが一般的です。



そして、もうひとつが、委託散骨です。これは、ご家族は立ち会わず、代行で散骨と葬儀がとりおこなわれるというものです。それぞれの散骨会社によって多少の違いはありますが、これらには、献花、献酒、写真撮影、散骨証明書などのプランがセットになってるのが一般的です。
きまた、希望によっては、僧侶の方に同行してもらうことも可能です。

海洋葬は、現代の日本においては、スタンダードな葬儀スタイルになりつつあります。



Copyright (C) 2016 海洋葬という新たな葬儀スタイル All Rights Reserved.